お茶のあれこれ

お茶の歴史

茶の発祥地は中国といわれています。『神農帝』が山野を駆け巡り、人間に適する野草や樹木の葉等をテストする為に、一日に72もの毒にあたり、その度に茶の葉を用いて解毒しました。また、中国では当初茶は薬、特に解毒薬として飲まれていたことから、『お茶を一服』という言葉は、これに由来していると言われてます。

【 水について 】

お茶に適した水とは、バランスのよいミネラル、適度な硬度、ph、炭酸ガス、酸素を含む事。有機物、鉄やマンガン等が少ない。

日本の水道水はお茶に適した条件ですが、カルキ消毒されてる為、美味しく飲めません。 外国産のミネラルウォーターも、カルシウム等が多く含まれてる為、お茶には不向きです。 表示をよく確かめてから選びましょう。(日本茶に合う水は硬度30~80程度)→軟水・・苦味・渋味を感じる。 硬水・・苦味・渋味・旨味のバランスが崩れます。

【 温度について 】

上級煎茶の場合は温度を下げ(60~70℃)、中級煎茶の場合は(70℃~90℃)、番茶や焙じ茶は熱湯で淹れます。 複数の湯呑に淹れる時は、濃度を一緒にする為に、廻し注ぎ(1→2→3、3→2→1)をし、最後の一滴まで注ぎます。

こんな時、こんなお茶を ライフスタイルに合わせたお茶選びは、身体にもよいのです。

仕事の合間・スポーツ前・眠気醒まし 脳の働きを活発にしたり、覚醒効果、筋肉刺激効果のあるカフェインが多いお茶を、ちょっと高めのお湯で!
⇒上級煎茶
食後 虫歯菌の増殖を抑えたり、食中毒を予防するカテキンを食後に摂りたいですね!
⇒中・上級煎茶
寝る前・お年寄り・赤ちゃん・空腹時・油料理後 カフェインが少ないものが、胃に負担をかけず、優しいです! 軽くさっぱりと口当たりの良いお茶で!
⇒番茶・焙じ茶

お茶の成分 お茶にはたくさんの良い成分が入ってます。

カテキン 強い殺菌効果。インフルエンザウイルスの働きを弱める。アレルギー抑制。
カフェイン 疲労回復。覚醒効果。大脳刺激。強心作用。利尿効果。
テアニン カフェインの作用を穏やかにし、脳の神経細胞に作用してリラックスさせる効果。
ビタミンC/A/E ビタミンCは風邪の予防や美肌効果があり、ビタミンEは老化防止効果があります。
食物繊維 大腸ガン予防。
フッ素 歯の表面を強くし、抵抗力をつけます。
ミネラル 新陳代謝促進。
サポニン 鎮静。鎮痛。脂質低下作用。血栓予防作用。

お茶と生活 お茶は飲む以外にも様々な利用方法があります。

部屋の臭い消し フライパン等で、古くなったお茶をいぶし、煙を充満させる。→2~3時間で消臭♪
冷蔵庫・靴箱の臭い消し 茶殻をよく乾かし、小瓶に入れ、気になる場所に置く。
(茶殻はよく乾かさないとカビの原因になります。)
(一週間に一度に頻度で茶殻を取り変えましょう。)
虫歯予防に 出がらしのお茶でブクブク。風邪予防と虫歯予防が簡単に出来ます。 

topへ